純金積立は少額から始めることができるので便利

証券会社での取引

笑顔の女性

証券会社に口座を作る

個人投資家になるには、まず証券会社に口座を作る必要が出てきます。証券会社で口座を作るには、証券会社へ提出する書類のほかに身分を証明する住民票の写しなどが必要になる場合があります。証券口座を開設した後には、口座へ入金をすると金額に応じた取引が可能となってきます。そして、実際に個人投資家になるには、証券口座で金融商品を購入することが必要となります。個人投資家になるには、個別株や投資信託などを購入することから始まります。個別株においては、証券取引所に上昇している数千の企業の中から選んで投資をすることが可能です。また、投資信託では株式型のほかに債券型や不動産型などの多くの種類の中から投資を行うことができます。

個別株や投資信託の取引

個人投資家になるには、個別株式や投資信託を購入すれば誰でもなることができます。しかし、個別株式では銘柄選びが上手くいかないと含み損が出てしまうために、銘柄選びは慎重に行う必要があります。また、多くの銘柄へ投資をしてしまうと、すべての企業の動向を管理することができなくなるため、投資企業は5銘柄程度に抑えたいです。また、投資信託においては、株式型と債券型をバランスよく保有するようにしたいです。株式と債券の値動きは逆相関となることが多いため、それぞれの保有比率を半々ぐらいにしておくと運用が安定します。また、国内向けの投資信託のほかに海外向けの投資信託も保有をしておきたいです。海外の金融商品では、長期的に価値が高まる期待のあるものが多いからです。